育児総合研究協会

大人になって活躍する人とそうでない人の違いは何でしょうか?

「得意なことを自ら見つけ、周りと違っていても個性と受け止め、社会の中でその能力を発揮できているかどうか」

だと、私たちは考えます。

小さい頃から自ら好きなことを見つけ、大人になる過程で好きなことを得意に変えるには、両親をはじめ周囲の大人の関わり方がとても大切です。
しかし、現実は、大人たちが子供の成長を周りと比べてしまうことで、できていない部分をできるようにする方に意識がいき、個性を伸ばす育児ができていないことが多いように思います。

育児総合研究協会では、知育・徳育・体育それぞれのプロフェッショナルと連携し、子供達が本来もつ能力を伸ばし、得意を活かせる育児法を子供に関わるすべての方へお届けするために設立しました。

基本情報

名称:育児総合研究協会


設立:2019年8月1日


所在地:東京都港区芝2-30-7 手塚ビル2F

会長: 三浦尚城
理事長:谷口真穂
理事: 露木由美
理事: 多賀千之
理事: 佐野俊也
理事: 忽那泰三
理事: 三浦重子
法律顧問:池田尚弘
税務顧問:大野実
アンバサダー:高岡よしみ

多賀千之

多賀クリニック院長。
「たがのわ 多賀先生のあったか子育てアドバイス」著者。
30年にわたって小児診療に携わってきたベテラン医師。
家庭での子育て、子供の病気への対応のコツをテーマにした講演が大好評で、講演回数480回、参加者総数22,000人以上を誇る。

佐野俊也

曹洞宗法光寺 住職。
「法話の心得ー仏法を伝える人になるためにー」著者。
曹洞宗宗務庁の布教師養成所で法話の基礎を学び、現在は曹洞宗特派布教師として全国を巡回し法話をつとめるかたわら、後進の指導にもあたっている。
また、カンボジアの子ども達のための小学校建設にも着手している。

露木由美

パーソナルトレーナー。
「体幹を整えると素直に育つ」著者。
独自のツユキ式P.A.Cメソッドを開発し、受講者は延べ5,300名を超える。
日本代表選手の子どもも通い、プロアスリートや有名スポーツ選手からの信頼も厚い。
メディアにも多数取り上げられている。

高岡よしみ

人材育成コンサルタント。
「ビジネスマナー基本の基本」著者。
有名ホテルに勤務し接客サービスのスキルとホスピタリティマインドを身につけた後、モデルに転身。東京コレクションをはじめ、海外有名デザイナーのファッションショーに数多く出演。
現在はハイエンドの舞台で鍛え抜かれた魅せる技術とおもてなしを融合させた独自のプログラムで大手企業の研修や講演を行う。