育児総合研究協会
曹洞宗法光寺 住職
佐野俊也(さの  しゅんや)

「法話の心得ー仏法を伝える人になるためにー」著者。
曹洞宗宗務庁の布教師養成所で法話の基礎を学び、現在は曹洞宗特派布教師として全国を巡回し法話をつとめるかたわら、後進の指導にもあたっている。
また、カンボジアの子ども達のための小学校建設にも着手している。

曹洞宗法光寺のサイトはこちら→法光寺

私が住職する北海道のえりも町は、日本有数の強風地帯です。
特にえりも岬周辺では、風速10メートル以上の強風が年間250日以上観測されています。冬は、毎日のように強風が吹き荒れ、海からの潮が壁や窓に付着し汚れます。この地に入植した先人たちは、この厳しい自然環境の中で漁業や酪農に従事し、私たち子孫にいのちを伝えて下さいました。「産みの親」あるいは「育ての親」それぞれの事情はあるでしょうが、「親様方」や「助け合う人々」がいたから、今の私たちが生きているのです。

「子育て」は一生の大事業です。誰でも「これで良いのだろうか」と、迷う事がありましょう。そんな時少しでも楽になれるヒントを、発信していければと思います。「あなたはひとりではありません」と、ママやパパにエールを込めた言葉を心の底からお届けしたいと願っています。合掌

第1話 2020.02.24

いのちの不思議さを思う

第1話では宇宙のうた  まど・みちお詩集6(かど創房)「空気」の詩もご紹介させていただいています。